生徒募集しております
お問い合わせページからご連絡ください。

【ダメな草書の特徴】横画の傾きが、楷書みたいになってる

ダメな草書の特徴として、横画の傾きが、まるで楷書みたいになってることが挙げられます。

草書の横画の傾き
楷書の横画の傾き

これらは全く違う傾きになることを理解していましたか。

硬筆・毛筆書写技能検定の準1級以上において、草書にチェックが入る人はこういうところが理解できていない可能性があるので、気をつけましょう。

楷→行→草になるにつれ、横画の傾きが「強い右上がり」になってゆく

崩しが進めば進むほど、横画の傾きが段々と強い右上がりを示すようになります。

ただし、全ての横画は右上がりにはなりません。

基本的にその草書の中の”長い横画”が、右上がりになります。

一方、短い横画は基本的には”水平””右下がり”どちらかになります。

ですので、大体の草書は、

・水平の短い横画+強い右上がりの長い横画
・右下がりの短い横画+強い右上がり長い横画

になっていることが多いです。

草書は”変化”が重要。一つに、方向の変化がある

草書を一言で表現するなら、私は”変化”という言葉をチョイスするくらい、草書は変化が重要です。

いろいろと変化をつける要素があるのですが、一つに”方向の変化”が挙げられます。

”方向の変化”、つまり、横画のことです。

「この横画は右下がりだけど、こっちの横画は右上がりだな」
「この横画は水平だけど、こっちの横画は右上がりだな」

Image 14
Image 15

古典の草書をよく見てみると、こういう発見が本当にたくさんあります。

まとめ

・草書を楷書みたいに書かないようにする
・草書は、横画の傾きの変化をよく見る
・草書とは、変化である