マインド

マインド

侘び寂び

例えば、私は余白に対して、侘び寂びを感じます。 「有る」を引き立てるためには「無い」が必要だと思っています。 正確には、「無いが有る」であり、本当の「無い」は、半紙の外側の世界です。 出典: 日本人は、無いことに対...
マインド

おもしろい話、孫過庭・書譜から

いま教室は年末年始のお休みをいただいているのですが、この休みを利用して、孫過庭(そんかてい)の書譜(しょふ)を読んでます。 中国の唐の時代に、孫過庭という書家がいたのですが、その作品のひとつに「書譜」という有名なものがあります。 ...
マインド

教育のプロを目指すことを忘れてはいけない

書道教室、習字教室、書き方教室、なんでも良いですが、字を教える仕事に就いている人は、 字をキレイに、もしくは芸術的に書けることは当たり前なことで、さらに「上手に教える」ということも忘れてはいけません。 書くプロと教える...
マインド

先入観が邪魔してくる

書道の創作をしていると、どうしても先入観が邪魔してきて新しいことに挑戦ができなかったりします。 先入観どおりに創作をすると、確かにそのときの筆の運びとしては違和感はないのですが、出来上がった作品をみてみると、違和感だらけなのです。 ...
マインド

何の魅力も名声も能力もない私の教室に

2019年4月に教室を開室し、2021年7月現在、たくさんの生徒さんにご入会いただき、一時的ですが定員を迎えることができました。 本当にありがとうございます。 何の魅力も名声も能力もない私の教室に、なぜこんなにもたくさんの生徒...
マインド

昔ながらの教室、しかし新しい雰囲気

2019年の3月ごろ、教室を開くにあたって事業計画書みたいなものを一応作りまして、 ただ、作ったら作りっぱなしでその後全然意識したことがなかったんですね。 事業計画書とは名ばかりで、具体的な数字(売上予測とか)一切載ってなく、...
マインド

【道教の教え①】不言の言を聞く

中国古典を勉強していると、道教・儒教・仏教の3つの宗教の教えがよく登場します。 その中で、良い教えだなぁと思ったものを順番に紹介していこうと思います。 【道教の教え】不言の言を聞く 声なき声を聞くことは、人とコミ...
マインド

白黒はっきりつけたいところ 書写上のルール

私が子供や大人の方を指導するときに一番意識しているのは、書写上のルールです。 その理由は、悪筆を書かせないようにするためです。 悪筆とは 例えば、・接筆のことを全く意識できていなかったり・楷書と行書が下手に入り混じってい...
マインド

天狗になるという選択肢をとっているのは、自分。

「天狗になる」とは一般的にうぬぼれるということを指しますが、やっぱり人間というのは、普通にしてると天狗になっちゃうんですよね。 他人から「天狗になりなさい!!!!!」と命令されて天狗になった人はいますか。 たぶんいないと思いま...
マインド

「ごめんなさい」と「ありがとう」を忘れないようにする

私が児童に教えるときに、一番気をつけていることは、 「ごめんなさい」と「ありがとう」を忘れないようにしていることです。 私も教えるときに、少し間違えてしまうときがあります。 間違いに気づいたときは、「ごめんなさい」を言う...