練習法/上達法

全て

【硬筆・毛筆】お手本をよく見るとは系記事

硬筆・毛筆初心者の方におすすめの、”お手本をよく見る”系の記事です。
全て

【毛筆書写技能検定】死んだ筆で受験すると、合格率を下げる

全くのド素人から書道を始めた私は、筆の知識も当然ゼロでした。 どんな筆がいいんだろうか? 書体によって筆は分けた方がいいのだろうか? 高い筆のほうがいいのだろうか? 安い筆は避けた方がいいのか? 筆に寿命はあ...
全て

【硬筆・毛筆】【上達のコツ】書いた作品を添削してもらう習慣をつける

硬筆・毛筆書写技能検定の1級を最短合格をするために何が大切なのか、考えた結果、とにかく先生に添削してもらうことが大切だと感じました 。   理由1:自分ではダメなところがわからないから 自分では、作品のダメなところ...
全て

【動画で学ぶ】【毛筆書写技能検定1級】草書の書き方 ”竹”

全て

【硬筆・毛筆】お手本と同じような字が書きたいと思っているはずなのに

昔の自分も同じ状況だったのですが・・・ お手本と同じような字を書きたいと思っているのに、なぜか 「まぁこれくらいあってればいいでしょ」 みたいな思考になるんですよね。 つまり今の自分の字に妥協しちゃうということです...
全て

【硬筆・毛筆】”硬さ”と”柔らかさ”をコントロールする

硬筆毛筆において、硬さと柔らかさをしっかりコントロールできるようになると、 楷書・行書・草書の書き分けがしっかりできるようになる気がします。 硬くしか書けない、というのも問題だし、逆に柔らかくしか書けない、というのも問題です。...
マインド

【硬筆・毛筆】「お手本を書こう」という意識が、自分を上達させる

硬筆・毛筆を上達させるための一つの方法として、 「お手本を書くぞ!」と言う意識で普段の練習をすると、上達する気がします。 硬筆・毛筆書写検定2級までは、そういったことは思わなくてもまだ大丈夫だと思うんですけども、 準1級...
全て

なぜ私は書道師範だけでなく硬筆の師範も目指したのか

私が書道に初めて触れたのが2017年2月のときで、それから約4年が経過しました。 私がなぜ硬筆・毛筆書写技能検定1級に最短合格/ 書道師範だけで良かったはずなのに、どうして硬筆師範も目指したのか、これについて書いて...
全て

【硬筆・毛筆】キレイな字は、無意識に書けるものなのか?

キレイな字は、結論から言うと無意識には書けないです。 一つ一つキレイに見せるポイントを意識しながら書いていっています。 なので、 1.キレイに見せるポイントを頭の中の記憶から引き出して、2.それを表現する という2...
全て

【動画で学ぶ】【超初心者向け】4日目 基本点画から始めるペン習字 〜反り編〜