練習法/上達法

全て

【動画で学ぶ】硬筆・毛筆書写検定1級 審査員ウケの良い作品を知って、合格率を上げる

全て

草書の覚え方 普段の字を草書で書く

私の場合、草書を忘れないようにするために普段の字をできる限り草書で書くようにしています。 たとえば、「書」とか、「連絡」とか、挙げればキリがないのですが、書けそうなものは草書で書いています。 公文書とか契約書は草書で書いたらダ...
全て

【動画で学ぶ】【毛筆書写技能検定1級】草書の書き方 ”松”

全て

【書写検定】あなたの書に対する”意識”を審査している

書写検定は、あなたの書に対する”意識”を審査しているような気がします。 理由は、その”意識”が字に現れるからです。 意識が高い人は、やはり表現に優れますが、意識が低い人は、やはりそれなりの表現になる気がします。 級が高く...
全て

【毛筆】筆の”毛”の部分は、時間差でついてくる

大筆で書くときに特に意識をしたいのが、筆の”毛”の部分って、人間が思っている以上についてこないんですよ。 特に、”転折”だったり、ハネだったり払いだったりのところ。 そういった方向が変わるところの箇所は、本当に”毛”がついてこ...
全て

【硬筆・毛筆書写技能検定】「書くのが楽しいから書いているんだ!」という気持ちになると、震えが軽減する

硬筆と毛筆、どちらのほうが手の震えが字に影響するかというと、私は硬筆の方だと思います。 毛筆は、硬筆に比べれば太く書けるので、太さがあれば手が震えてもそれが線質に影響を及ぼすことがあまりありません。 とはいっても、やはり手が震...
1日1美文字

【硬筆】止まるところはしっかり止まる

添削していて目立つのが、「心」や「灬(れっか)」の1画目の点が、しっかり止まれていないということです。 硬筆の検定試験の場合、こういった「止まるところをしっかり止まれているか」をとてもよく見られるので、丁寧に書きましょう。 ...
全て

【動画で学ぶ】【硬筆書写技能検定1級】公開されてた合格答案例をもとに色々ポイント解説 第1問編

全て

【硬筆・毛筆】練習せずに上達する夢のような方法

練習せずに上達する夢のような方法を知りたいですか? 結論から言うと、あります。 それは、イメージトレーニングです。 頭の中で書く 具体的には頭の中で文字を書けばよいだけです。 例えば通勤中の電車の中とか、買い...
全て

最近思うこと  お手本そのままの形を追うよりかは・・・・

硬筆・毛筆の指導をしていて最近思うことが、 お手本そっくりにマネさせるよりかは、キレイに見せるためのルールを覚えさせた方が、上達が速いんじゃないか って思ってます。 児童の場合はお手本はあった方が良いですが、大人の場合は...