練習法/上達法

全て

【硬筆・毛筆書写技能検定】1級合格する人は、「そうしなければならない思考」になる

硬筆/毛筆書写技能検定は、2級と準1級には大きな溝があり、さらに準1級と1級にはもっと大きな溝があるんですよね。 難易度的な意味です。 そうすると、2級と1級を比べちゃった日には、マリアナ海溝ぐらい深い溝があるのです。 ...
全て

【硬筆・毛筆】上手な字を書くためには意識を変えるしかない

上手な字を書くためには意識を変えるしかない! ということで、意識が変われば字が変わりますシリーズの記事をまとめました。 全ての人向け、初心者向け、中級者の方向けの3つのレベルにわけました。 全ての人 ...
マインド

【こういうお手本に気をつけよう】メディア露出がやたら多い人

初心者の方が 「字が上手に書けるようになりたい!」 と思ったとき、それを指南してくれるような書籍を購入しますよね。 でも、世の中は本当に多くの関連書籍で溢れかえっています。 どれを買えば良いのか、迷いますよね。 ...
マインド

【硬筆・毛筆】理解はできるのに、実践となると難しい

キレイな字の面白いところは、キレイな字を書くポイントは頭で理解できても、なぜか書けないということです。 理解はするのはとても簡単なんです。 実践となると、非常に難しい。 なんでだろうと考えたんですが、多分、その知識を引き...
全て

【毛筆書写技能検定】緊張すると、線(点画)が太くなりがち

毛筆書写技能検定1級を受験したときのお話です。 試験中は、緊張して手が震えたのでやはり練習のときのようには書くことができませんでした。 一番驚いたのが、第2問の漢字かな交じり文。 信じられないぐらい文字が太くなってしまっ...
全て

【硬筆・毛筆書写技能検定】草書が硬いってなに?どうすれば柔らかくなる?

私もつい最近まで、さんざん悩んでいたことなのですが、草書がとにかく硬かったんですよね。 2018年~2019年にかけて硬筆書写検定準1級を3回受験したのですが、3回連続で草書にチェックが入り、結局準1級は合格できませんでした。 ...
全て

【硬筆・毛筆】作品における”余白”について

みなさんは”余白”について意識したことがありますか。 余白とは、決められた枠の中に対して文字を配置したときに出来上がった何もない空間のことなのですが、この余白に”美”を感じれるようになると、作品の完成度が一気に上がる気がします。 ...
全て

【毛筆書写技能検定】草書がどうしても貧弱になってしまう人は、智永の「真草千字文」を臨書しよう

毛筆書写技能検定準1級・1級の第1問は、楷書・行書・草書を書き分ける問題です。 楷書・行書はなんとなく書ける人でも、やはり草書を書くのはとても難しいです。 そもそも草書の骨自体を覚えるのが大変なのに、そこに筆遣いや太・細も考え...
マインド

【硬筆・毛筆】先生から何回も同じ指摘を受ける方へ

先生から指導を受けている方へ向けた文章です。 結論から言うと、 「何回も同じ指摘をされるのが普通なこと」 です。 「何回も同じ指摘をされちゃう・・・自分はダメなんだ」 と落ち込む必要はありません。 先生...
全て

【硬筆書写技能検定】自由作品は、奇をてらうと不合格【オススメの構成は絶対コレ】

硬筆書写技能検定準1級以上から、第5問は自由作品が出題されます。 ・現代詩・漢詩・かな この3つから自分が最も得意とするものを選択し、解答します。 広い余白の中に、鉛筆で枠を書き、書き上げた枠の中に作品を書きます。 ...