古典

全て

【無料】”古典作品”の読み放題なら『e-国宝』

みなさん『e-国宝』ってご存知ですか。 『e-国宝』とは、 このサイトでは、国立文化財機構の4つの国立博物館 (東京国立博物館、京都国立博物館、 奈良国立博物館、九州国立博物館)と研究所(奈良文化財研究所)が 所蔵する国宝・重...
全て

【硬筆・毛筆書写技能検定】【草書を攻略する】左下へのハネみたいなものは何なのか?

草書の学習をしているときに、不可解な点画に悩まされたことがあります。 それは、本来存在するはずのない点画が、なぜか草書になると存在するのです。 例えば、「水」の楷書は、こうですが、 草書の場合は、 ...
全て

楷書って難しいから書きたくない

私、書体の中で楷書が一番難しいと思うんですね。 理由は、変な楷書を書いちゃった場合、初心者の方でも違和感を見つけることができるからなんですよ。 違和感なく書くためのハードルが高すぎるんです、楷書は。 一方、初心者の方にと...
全て

【毛筆】褚 遂良 楷書千字文 全臨を通して身についた2つのこと

夏ごろからコツコツと、褚 遂良の楷書千字文を臨書してましたが、やっと全臨することができました。摩滅してる文字は飛ばしちゃったので正確には千文字かけていないのですが、細かいことはどうでもよいのです。 さて、今回の全臨を終えて、楷書がま...
全て

古典臨書をしていて気づいた、「女へん」について

授業が無いときはひたすら古典臨書をしているのですが、「姑」という字を臨書して得れた気づきを一つ共有。(ちなみに今は褚遂良の楷書千字文を臨書しています) 「姑」は”へん”が「女へん」ですが、この「女へん」はバランスをとるのがとても難し...
マインド

精神的ハードルを下げて、練習をしよう

私はよく「今日は何の練習をしようかしら」と練習に困ることがあります。 「今の自分はこういうところがダメだから、こういう練習を・・・」とか、「この前はこれをやったから、今日は別のこれをやればいいかな・・・」とか、 練習法に困るこ...
全て

【毛筆】古典臨書 「どうして同じように書けないのか」を考えないと意味がない

古典臨書をするときは、まずは形臨(けいりん:その文字の字形や筆遣いを真似ることに重点をおいた臨書方法)をオススメします。※通常、師匠が書いたお手本を「臨書する」とは言いません。主に古典に対して使われる言葉です。 形臨するぞ!...
全て

【毛筆】今日の臨書 褚 遂良 楷書千字文

褚 遂良 楷書千字文の臨書しました。現在、全臨を目指していて、70%~80%くらいは臨書完了しています。スキマ時間に少しずつ臨書すること3か月、やっと終わりが見えてきました。 個人的には、晩年より少し手前くらいの褚 遂良の楷書が一番...
全て

【硬筆・毛筆書写技能検定】【完全独学者向け】8割は得点したい!古筆を読む問題対策

古筆を読み解く問題は、 ・硬筆書写技能検定の準1級および1級・毛筆書写技能検定の準1級および1級 にて出題されます。 結論から言うとこの古筆を読み解く問題は得点源になり得る問題であり、ちゃんと対策すれば8割以上は必ず取れ...
全て

【毛筆】今日の臨書

九成宮醴泉銘を半紙4字書きで