生徒募集しております
お問い合わせページからご連絡ください。

硬筆・毛筆書写検定 両方1級を取ってみた率直な感想

全て

11月といえば、私が硬筆書写検定の1級を受験した月となります。

去年のことでした。

晴れて硬筆書写検定の1級に合格し、人生で一番喜んだ瞬間でもあります。

勉強中、

「字の上手・下手は、やっぱり才能なんだ」

という言い訳もしつつ、

「字の上手・下手は、才能でなく努力で何とかなることを証明したい」

という思いもあり、ひたすら合格を信じて勉強をし続けました。

実際に合格してみると、不思議と、

「1級のハードルって、そんな高くなかったじゃん」

という達観した気持ちになるんですよね。

そのハードルを越える前は、絶対に越えられないような、天高くそびえているハードルに見えるんですけどね。
不思議です。

まだまだ下手だなぁと思う日々

私の理想の字になかなか到達できません。
1級合格後も練習しているので、レベルアップはしているのですが、それでも理想の字になかなか到達できません。

1つレベルアップすると、理想も1つレベルアップするような感じ。

ドラクエでいえば、ステータスの最大値255が、レベルアップするごとに256,258,260,263と増えている感じ。

なんだか一生悩まされそうな気がして恐ろしいですね。

コメント