生徒募集しております
お問い合わせページからご連絡ください。

未就学児(幼稚園・保育園)のひらがなの学習について

そろそろひらがなを覚えさせたい!というお子さんがいるご家庭向けの記事になります。

個人的には、何歳から始めても大丈夫だと思っています。

ただし未就学児の場合、まずはひらがなのキレイさを求めるよりかは、正解の形・間違いの形を教えたほうが良いです。

ひらがなの「は」を例にとって解説します。

例えば、以下のように一番左の「は」が間違いの形になります。
最後の”結び”の部分が完全に結ばれていないためです。

次に、真ん中の「は」は正解です。形がちょっとイビツな形ではありますが、これだけ書ければ「は」として殆どの日本人は認識できるので、正解ということになります。
また、このときに正しい書き順についても身に着けられると更に良いです。
(特に「や」、「も」、「ら」の書き順や、「よ」の1画目の進む方向など)

他の人から「うまいね!」と言われるような書写的な美が、一番右の「は」です。

間違いの形から正解の形へステップアップするためには、各ご家庭での指導や、幼稚園・保育園・学校などでの学習で十分かと思います。
(正解の形を身に着けさせるためだけに専門の教室に通ってお金を払うのは、いささかお金がもったいない所感です。)

正解の形から更にステップアップしたい!書写的な美を求めたい!という方は、やはり専門的な教室に通われて指導を受けるほうが良いでしょう。

コメント