2021年9月1日より新教室へ移転となります。
詳しくはこちらの記事をご覧ください。
また、児童コースの募集を再開しております。
随時体験レッスン実施しておりますので、よろしければご検討ください。

書道教室なのに10Gbps環境を導入して、ZOOMでオンラインレッスンをするお話

Image 17 セカンドオピニオンコース
Image 17

オンラインレッスンですが、当教室の環境は、以下環境で実施しています。

 

 

この環境でも問題なく実施できていたのですが、+αのことができないのです。

+αの具体的な内容はまだ秘密ですが、+αも実施するためには以下環境にする必要があります。

 

オンラインレッスンの品質を決める、
①通信
②ZOOM
③カメラ

の3役を、別々の端末に割り振らせる予定です。

「餅は餅屋」ということわざがあるように、①〜③の役割は、やはり専用の端末に任せてしまったほうが良い場合があります。

環境を整えて、+αの価値も提供できるようにして、生徒さんに満足していただきたい!と目論んでいます。

というか逆にiphoneすげーな、と思いました。全部の役割を担えるなんて。
(さすがにZOOM中は、iphoneがすごいアチアチになります。)

10Gbpsも必要なのか

結論から言うと必要ありません。1Gbpsで十分だと思います。

ただ私はスピード狂なので、速さを求めてしまう性格なのです。

通信速度を測るサイトで、計測された数字で満たされるタイプです。

ちなみにISPは、別にauひかりじゃなくても大丈夫です。

ルータは選定終わってますが、できればNEC製がいいので、ぎりぎりまで様子見。

10Gbpsの速度を出すためには、経路が重要

10Gbpsの速度を出すためには、ISPで10Gbpsの契約するだけでなく、LAN内においても10Gbpsの経路を作らなければなりません。

具体的には、ルータ ⇄(※1) LANアダプタ ⇄(※2) 端末(PC)  の経路です。

ルータはWAN側だけでなくLAN側も10GBASE-Tでないとダメだし、PCも10Gbpsの書き込み・読み込みに耐えうるSSDでないといけません。

※1はLANケーブルで、Cat6a以上の規格でないとダメなようです。

※2はLAN側がCat6A以上、USBケーブルがUSB3.1 gen2以上もしくはThunderboltでないとダメなようです。
 もちろん端末側もそれに対応している必要があります。

 

いつ頃この環境になるのか

多分ですが、5月〜6月頃になる予定です。

auひかりの工事時期と、品薄のMX-P2(カメラ)がいつ納品されるのかに依存します。

楽しみにしていてください。