生徒募集しております
お問い合わせページからご連絡ください。

書道・習字教室は、「我慢とは何か」「静かにするとはどういうことか」を勉強できる場所

書道・習字教室というのは、キレイな字を覚える場所だけでなく、「我慢にする」「静かにする」ということを学べる場所でもあるかもしれません。

もちろん全ての書道・習字教室が、そういう場所というわけではなく、教室によっては、「静かにできない子は入会をお断りします」というスタンスの教室もあります。

子どもは、それをしたことがないから、できない。

大人の感覚としては、我慢をする、静かにするということはとても簡単です。

それは何十年も生きてきて、「我慢をするとは、こういうこと」「静かにするとは、こういうこと」という、その在るべき姿が簡単に想像できるからです。

一方子どもというのは大人と比べて経験が浅いので、我慢をしろ、静かにしろと言われても、「我慢って何・・・?」「静かにするって、どうすればいいの・・・?」と、頭の中がハテナでいっぱいになっちゃうんですよね。

指摘する(怒る)ときは、コミュニケーションをとる

私の場合、子どもに対して指摘する(怒る)ときは、一方的にガーッと言うことはせず、

何が問題になっているか、わかっているのか?」
「なぜ我慢・静かにしなければならないのか、わかっているのか?」
「なぜ、してはならないのか、わかっているのか?」
「なぜ、そうなったのか原因はわかっているのか?」

など、「なぜ?」「なんで?」をしつこく問いかけて、子どもに考えさせるようにしています。

こういうことをしてしまうと黙ってしまう子が殆どなのですが、他の生徒さんに影響がでない程度に、返答を待ち続けます。

「〇〇だから」

という、そうなってしまった理由を導き出してもらうのが狙いです。

「じゃあ次は、〇〇を気を付ければ、大丈夫ってことだよね?」

という感じで、次回に活かしてもらっています。

子どもだからといって、容赦はしない

このように書いてしまうと、「怖っ!」って思われるかもしれないのですが、私は基本的には、子どもと大人区別なく接してします。

良くないことは良くないと、ちゃんと指摘してあげないと、子ども本人が将来困りますからね・・・・。

静かにすべき時間は静かにして、遊ぶ時間は遊ぶ、こういったけじめをつけなければなりません。

そういえば私が中学生だか高校生のとき、そのときの先生が口を酸っぱくして「けじめをつけてください」と言っていたことを思い出しました。

「いちいちうるさいなぁ」とあまり良い思いはしなかったですが、あのときの先生と同じことをしちゃってますね、私。

大人になってわかる、けじめの大事さ。

子どもはよく、「わかっている」と言う。

いや、わかっていないから言っているんですよ。

じゃあ、君のことを信用して、何も言わないようにしたら・・・・・。

案の定騒ぎ出しました!

だから、そうならないようにあらかじめ言っておくのです。

そうすると、子どもは「わかってる!」って言う。

子どもっておもしろいですね。

「わかっているはずなのに、なぜ騒いだの?」

と、とどめを刺してやりましょう。

コメント