お世話になります、ひすい書道教室です。

今回はタイトルにある通りのコラムを書いていきたいと思います。

手書きの文字(硬筆・毛筆)を上手に見せるためにはどのような練習をしていけばいいのか?

まずはお手本が必要です。

巷には美文字習得のための たくさんの 書籍があふれかえっていますよね。
そういったものをまずは購入しましょう。
お手本選びの基準は、直感で「きれいだな」と感じるお手本が一番良いです。

そして、とにかくお手本通りに書くことを目指しましょう。
しかし、ただ闇雲にお手本通りに書いても実は上達しません。
正確にいうと、お手本なしで書く普段の字は上手になりません。

ではどうすればいいか?

初心者の方が一番初めに意識してほしいことは、

どの横線が、どの縦線が、どの左払い・右払いが一番長いか?

ということです。

漢字というのは、基本的にはどこかしらの点画(てんかく:横線など)を長くすると、キレイにみえるように設計されています(それが無い漢字もありますが)

長くすべき点画をしっかり長くすることによって、字形のシルエット効果で上手に見えるようになります。

習字は習っていないけどなぜか達筆っぽい方っていますよね。
そういう方は、基本的にどこかの点画を長く書いているので、達筆っぽく見えるのです。(例えば、”木へん”の左払いを思いっきり長く払ったりとか)


そういった点画の長さを意識してお手本を真似て書くと、上達も早くなります。

もちろん点画の長さ以外にも、上手に見せるための要素がたくさんあります(ちなみに当教室では、こういった”要素”を学ぶカリキュラムで進めていますので、上達が早いです。)

ただ個人的な考えとしては、字形のシルエットを優先的に整えてあげることが、漢字を上手に見せることができる一番の要素となっていると思っています。

ぜひ点画の長さを意識して、練習に励んでみてください。