生徒募集しています
なんと完全手ぶらで通えてしまう超お気軽な教室です。
日本一”敷居が低い””初心者に優しい”を目指しています。

親子でも通えますので、子どものクセ字改善、大人のクセ字改善も。
もちろん趣味として、生涯学習として。
書の面白い世界をご案内します。

硬筆・毛筆書写技能検定の合格を目指している方もサポート。

まずは無料体験授業からお越しください。
無理に入会を勧めることはありません。

>> 24時間受付中!!お問い合わせ <<

文字をキレイに書く練習法その3 左右に払う字は、しっかり長く払おう

漢字の中には、左右に払う字がたくさんありますよね。

人、大、木、文、天、水、令
委、季、基、漆など。

これらの字は、左右の払いを長くたっぷりと払うことで、
字に安定感が増し、キレイに整います。


ただし左右の払いが何個もある字は、全て長くしてしまうとバランスを失ったり、長く書くべき点画が他の点画の場合があったりと、必ずしも全ての漢字にこのルールは通用しないので、注意が必要です。

小学校低学年のときに習うような、パーツが一つしかないシンプルな漢字は、ほとんどこのルールが通用されるので、覚えておくと良いと思います。

参考例:
(若干、「木」の払いが長くなっちゃいましたが、気持ち的にはこれくらい勇気をもって払ってほしいです!


コメント