文字をキレイに書くための練習法として、パーツごとにキレイな形を覚える方法がとても有効です。


今回紹介するのは、「口」というパーツ。


この「口」というパーツは、色々な漢字に使われていますよね。

語、知、和、呈、品、臨…

たくさんあります。


キレイな「口」の形とは、
・左下と右下を少し出してあげる
・下へ”すぼむ形”を作る

この2点を抑えれば、 安定感が増してキレイに書くことができます。
(以下参考)


こういったルールを知っておけば、初めて書く漢字でも、キレイに書くことができるようになりますよ。


この記事を読んでからすぐに使えるテクニックだと思います、ぜひ実践してみてください。


ただし、出し過ぎるのはNGですので、加減を大切にしてください。