生徒募集しています
なんと完全手ぶらで通えてしまう超お気軽な教室です。
日本一”敷居が低い””初心者に優しい”を目指しています。

親子でも通えますので、子どものクセ字改善、大人のクセ字改善も。
もちろん趣味として、生涯学習として。
書の面白い世界をご案内します。

硬筆・毛筆書写技能検定の合格を目指している方もサポート。

まずは無料体験授業からお越しください。
無理に入会を勧めることはありません。

>> 24時間受付中!!お問い合わせ <<

文字をキレイに書くための練習法 その2「女」の書き方

「女」というパーツは、パーツの中でもかなり難しい部類になります。


ポイントは、1画目の「く」を、あまり左側にガクっとさせ過ぎず短めに、右側に進むときにたっぷりと長めに書く。

2画目のスタート位置は、1画目のスタート位置より低くし、すぐにシュッと左下に払わず、1画目と交差するところまでしっかりと粘り、そこから左下にシュッと払う。

3画目の横線は、
・これでもか!ってくらい長めに書く。
・定規で真っ直ぐ引いたような線ではなく、水がたっぷり注がれたコップの上の表面張力を書くように、若干上に反らす。

「女」参考例


と、守るべきポイントを文字に興すと複雑そうに見えてしまいますが、お手本とセットで覚えようとすれば、簡単に覚えることができます。


最初のうちは、3画目の横線のルールを守るだけでもかなり見栄えが変わりますので、まずは簡単なところから始めてみましょう。

 

コメント