「女」というパーツは、パーツの中でもかなり難しい部類になります。


ポイントは、1画目の「く」を、あまり左側にガクっとさせ過ぎず短めに、右側に進むときにたっぷりと長めに書く。

2画目のスタート位置は、1画目のスタート位置より低くし、すぐにシュッと左下に払わず、1画目と交差するところまでしっかりと粘り、そこから左下にシュッと払う。

3画目の横線は、
・これでもか!ってくらい長めに書く。
・定規で真っ直ぐ引いたような線ではなく、水がたっぷり注がれたコップの上の表面張力を書くように、若干上に反らす。

「女」参考例


と、守るべきポイントを文字に興すと複雑そうに見えてしまいますが、お手本とセットで覚えようとすれば、簡単に覚えることができます。


最初のうちは、3画目の横線のルールを守るだけでもかなり見栄えが変わりますので、まずは簡単なところから始めてみましょう。