生徒募集しています
なんと完全手ぶらで通えてしまう超お気軽な教室です。
日本一”敷居が低い””初心者に優しい”を目指しています。

親子でも通えますので、子どものクセ字改善、大人のクセ字改善も。
もちろん趣味として、生涯学習として。
書の面白い世界をご案内します。

硬筆・毛筆書写技能検定の合格を目指している方もサポート。

まずは無料体験授業からお越しください。
無理に入会を勧めることはありません。

>> 24時間受付中!!お問い合わせ <<

字をキレイに書くためには、まずはひらがなから練習をする

字を上手に書きたい、キレイに書きたい、そのためにはまずどうしたいいでしょうか。

まず間違いなくオススメするのは、ひらがなから練習することをオススメします。

ひらがなは48字(ゑ、ゐを除くと46字)しかなく、しかも文章の6割~7割はひらがなで構成されています。

「よろしくお願い致します」
「お疲れ様です」
「失礼致します」
「ありがとうございます」
「おはようございます。」

よく使われる文章を見てみると、ひらがなが多く含まれていませんか?

ひらがなが上手に見えると、なぜか漢字も(つられて)上手に見えるので、ひらがなの練習をオススメします。

オススメのペン字の書風は過去の記事にまとめましたので、参考にしてください。

コメント