生徒募集しております
お問い合わせページからご連絡ください。

嫌な気持ちになる情報は、見ない、聞かない

マインド

私は常に精神的に余裕が持てるように心がけています。
精神的に余裕があると、他人に優しくできるからです。

精神的に余裕がなければ、私は他人に優しくできなくなります、自分のことで精いっぱいですからね。

ということで、普段から精神的に余裕を持つ方法をシェアしたいと思います。

嫌な気持ちとは?

悪い意味で精神的に揺さぶられている状態です。

この状態は、正確に物事を判断できなくなってしまいますので、慎重に判断しなければならない物事のときは、精神的に余裕がある時に判断しましょう。

例えば、今日のランチは何を食べるか、程度なら精神的に揺さぶられていても判断していいですが、人間関係が絡んでいるときの判断は気を付けた方が良いと思います。

変な判断をして、あとで取り返しがつくほど周りの人間が優しければ良いですが、大体はそうでない場合が多いので、基本的に一発アウトでしょう。

「ごめんで済めば警察はいらない」、という言葉はスゴイですね、誰が考えたんでしょうか。

嫌な気持ちになる情報は見ない・聞かないようにしよう

嫌な気持ちになる場所として、特にSNSがヤバイです。
インスタやら、ツイッターやら。

特にツイッターは、匿名であることをいいことに、言いたい放題言っていて、ほぼ無法地帯なんですよね。

99%は気にならない情報ですが、偶然、残りの1%の情報を見てしまって、嫌な気持ちになることがたまにあります。

そうなってしまったらもう大変です、心が穏やかではいられません。

時間が解決してくれたりしますが、その間の時間は生産的な時間でいられなくなるので、可能であれば避けたいところ。

SNSは、あなたを不幸にする危険性がある場所

君子危うきに近寄らずという言葉があるように、危ないところには近寄らない方が良いのです。

例えば工事現場とかは、”ここからは立ち入り禁止”というコーンが立っていたりして、その先の危険が可視化されているので、「じゃあ近寄らないようにしよう」となりますよね。

でもツイッターとかは、その先の危険が可視化されていないので、どこまでは安全でどこまでが危険なのかが、とてもわかりづらいのです。

なので、今日は安全だったけど、明日は危険地帯に足を踏み入れて嫌な気持ちになることだってあり得るのです。

ということで、SNSというものは、あなたを不幸にしてしまう危険性がある場所です。

そういったリスクを十分に考慮して、上手にSNSを利用しましょう。

コメント