固形墨は油煙墨と松煙墨の2種類がある

油煙墨(ゆえんぼく)

植物の油を原料にして作られた墨。
昔は油煙墨のほうが高価とされていたが、技術の発達により、むしろ油煙墨のほうが安価となっている。
松煙墨より黒が強く、淡墨~濃墨に向いている。

松煙墨(しょうえんぼく)

松の皮や枝を原料にして作られた墨。
松煙墨のほうが古くから存在しているが、油煙墨の普及により、少しずつ影を潜めている。
松煙墨はどちらかというと灰色味が強く、濃墨には向かないことがある。

コメント