生徒募集しています
なんと完全手ぶらで通えてしまう超お気軽な教室です。
日本一”敷居が低い””初心者に優しい”を目指しています。

親子でも通えますので、子どものクセ字改善、大人のクセ字改善も。
もちろん趣味として、生涯学習として。
書の面白い世界をご案内します。

硬筆・毛筆書写技能検定の合格を目指している方もサポート。

まずは無料体験授業からお越しください。
無理に入会を勧めることはありません。

>> 24時間受付中!!お問い合わせ <<

「繰り返し指摘されないと理解しない」という前提に立つ。同じことを何度も言うことの重要性について

人に何か物事を教えるときに、私は以下のようなことを気を付けています。

1.理解しているかどうか相手の表情や仕草を確認しながら教える
2.一方的に教えるのではなく、相手にも喋らせる
3.1回で教えきれると思わず、何度も同じことを言うつもりで教える
4.感情的な表現、淡々としている表現を混ぜ合わせて教える
5.一気に詰め込まないようにする。

など・・・(パッと思いつく限り)

どれも重要ですが、教える立場にある人は、特に3番は忘れてはならない心がけだと思います。

1回言って理解する人間はほとんどいません。何回も何回も同じことを繰り返し言うことで、やっとその人の血脈となります。

何度も同じことを言うときに気をつけたいのが、「それ前にも言ったよね」みたいな態度を出してしまうと、信頼関係は崩れます。

まるで初めて教えるかのように教えてあげると、信頼関係は構築しやすいです。

人に教えるということはとても難しいことにも関わらず、そのコーチングの技術を軽視している人がちらほら見かけます。

私もまだまだ勉強中ですが、品質の高いコーチングこそが相手との信頼関係を構築できるものだと思います。

コメント