2021年9月1日より新教室へ移転となります。
詳しくはこちらの記事をご覧ください。
また、児童コースの募集を再開しております。
随時体験レッスン実施しておりますので、よろしければご検討ください。

古典臨書をしていて気づいた、「女へん」について

全て

授業が無いときはひたすら古典臨書をしているのですが、「姑」という字を臨書して得れた気づきを一つ共有。
(ちなみに今は褚遂良の楷書千字文を臨書しています)

「姑」は”へん”が「女へん」ですが、この「女へん」はバランスをとるのがとても難しい部首のひとつ。

私の場合、「女へん」をキレイに書く時は、色々と気をつけてる項目があるのですが、その項目のひとつに、”細さと太さの交わりが重要”という要素が一つ加わりました。

今まで私が「女へん」を自運するときは、1画目と2画目を同じような細さ、むしろ2画目が細かったのです。
しかし今回、逆に2画目が太いということに気づいてそれを実践したことで、文字に立体感が生まれてどっしりとした安定感を得ることができました。

 古典はこういう利用法もあるんだ、と感じました。
つまり、私の中に”解決したいと思っている具体的な課題”(=今回の場合、「女へん」が上手に書けない、なんだか安定しない)があり、古典を臨書したことでその課題が解決できた、という感じ。

こういう気づきを得れる瞬間があるから、書道ってものは楽しいですよね。

 

コメント