生徒募集しています
なんと完全手ぶらで通えてしまう超お気軽な教室です。
日本一”敷居が低い””初心者に優しい”を目指しています。

親子でも通えますので、子どものクセ字改善、大人のクセ字改善も。
もちろん趣味として、生涯学習として。
書の面白い世界をご案内します。

硬筆・毛筆書写技能検定の合格を目指している方もサポート。

まずは無料体験授業からお越しください。
無理に入会を勧めることはありません。

>> 24時間受付中!!お問い合わせ <<

【硬筆・毛筆】ひらがなは、「全てを柔らかく」しない

ひらがなは曲線が多く、ペン遣い、筆遣いの練習にとてもなります。

基本的にひらがなを書く時の注意点は、「柔らかく」がキーワードですが、これを守りすぎて「柔らかくしてはいけないところも柔らかく」してしまうと、少し変な字形となってしまいます。

例えば一番それが顕著に表れるのが、ひらがなの「ひ」です。

まずはお手本の「ひ」は以下のとおりです。

赤丸の部分に注目してください。重要な部分はこの部分です。
この部分に「角(かど)」を作りたいのです。

1.下に下がりきったところで一旦止まり、
2.一気に上に跳ね上げるようなイメージで、
3.角(かど)をつくる


ペイントソフトで書いたので若干丸みを帯びてしまいましたが、しっかりと鋭角の角で問題ありません。

以下、よくない「ひ」の例です。

どうでしょうか?
少しだらしがない印象がありませんか。
しっかりと角をつくることによって全体が引き締まり、
「柔らかさ」と「角」が良い感じで調和してくれています。

参考にしてみてください。

コメント