生徒募集しております
お問い合わせページからご連絡ください。

ひらがな 払うところはしっかり払う

ひらがなには、しっかり払うところ、しっかり止めるところがあります。

例えば、「し」

上から下にかけてじっくり書き、右上にそろそろ上がるかな、というところでシュッと払います。

この「じっくり→シュッ」という緩急が、キレイに「し」を書く秘訣となります。

コメント