生徒募集しています
なんと完全手ぶらで通えてしまう超お気軽な教室です。
日本一”敷居が低い””初心者に優しい”を目指しています。

親子でも通えますので、子どものクセ字改善、大人のクセ字改善も。
もちろん趣味として、生涯学習として。
書の面白い世界をご案内します。

硬筆・毛筆書写技能検定の合格を目指している方もサポート。

まずは無料体験授業からお越しください。
無理に入会を勧めることはありません。

>> 24時間受付中!!お問い合わせ <<

つけペンで草書の練習

全て

今日はつけペンで草書の練習をしました
お手本は、日本ペン習字研究会(ペンの光)の硬筆書写テキスト「草書・かな」です。

つけペンで草書を書くと、固くなりがちなので気を付けたいところ。(→気を付けられてない)

特にペンの光の書風の草書は、本当に気を付けて書かないとすぐカッチカチになってしまいます。
(江守先生(パイロットペン習字A系統)の書風よりかは固くないですが)

柔らかさを出すためには、もっと線に抑揚を出すと良いのですが、つけペンに慣れない私にとってそれは超難しいのです。。。
(線の細い・太いで、自然に柔らかさが発生する)

でも、普段の練習をつけペンに置き換えるだけで、実は練習効果は倍増ですよ。
以前つけペンに関する記事を書いたので、ご参考ください。
コントロールが難しい「つけペン」で練習すると、上達が早いことを知ってましたか?

つけペンは決して、上手な人が使用するものではなく、上手になるために使用するものです。

普段の生徒さん(大人)の練習も、ボールペンじゃなくてつけペンに置き換えてしまおうかしら。

コメント