2021年9月1日より新教室へ移転となります。
詳しくはこちらの記事をご覧ください。
また、児童コースの募集を再開しております。
随時体験レッスン実施しておりますので、よろしければご検討ください。

つけペンで楷書の練習

今日はつけペンで楷書の練習をしました。

お手本は、硬筆書写テキスト[1] ひらがな・カタカナ・楷書です。
(日本ペン習字研究会、ペンの光という競書誌を発行している団体のテキストです。)

クセを全く感じさせない書風がとても好きです。
隙のない緻密に計算された間架結構、迷いのない線質、堂々とした存在感。

そんな素晴らしいお手本を、私が真似るとこんなにクオリティが下がります。

ペン先は、タマペン(クローム色)漫画用


インクは、つけペン用インクではなく墨汁を使用
使ったのは「液墨 純黒」
固形墨をすりおろしたものなので、塩が入っておらずペン先が錆びる心配もありません。
濃墨気味なので、使用する際は少し水を加えるといいかもしれません。

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

墨運堂 液体墨 液墨 純黒 350g 12903
価格:2145円(税込、送料別) (2020/9/2時点)


いや~まだまだですね。
偉そうなことを普段いっているのに、この出来はよろしくない。
もっと精進します。

つけペンの練習で気づいたこと
 ・ボールペンより運ペンをゆっくりすると、キレイに書ける
 ・要所要所でペンの上下運動を決めると、安定した運ペンを実現できる
 ・抑揚を無理につけようとすると失敗する

コメント