生徒募集しております
お問い合わせページからご連絡ください。

お手本と比べて「大体あってる」という甘えで、成長は止まるという事実

コーチング

私が硬筆書写技能検定の準1級の合格を目指していた時、「お手本と大体あってればいいんでしょ」という考えがありました。

結論からいうと、この考えの間、まるで上達しない期間が続きました。
(なので、準1級を3回連続で不合格になったのです)

「大体あってる」という考えで、お手本を真似ることを続ける。

もはや流れ作業になっていました。

本当にこの時間は無駄な時間だったなーと思いました。

「大体あってる」がなぜダメなのか

甘くするのは、コーヒーだけにしておきましょう。

「初心者~中級レベルで満足だ」という方は、「大体あってる」という状態で問題ありません。それがゴールです。

しかし、それ以上のステップアップを目指している初心者~中級者の方は、この「大体あってる」という甘えはNGです。

理由は、この「大体あってる」は、上級者以上のレベルの人から見たら、「全然あってない」なのです。

もう本当に、「いや、大体あってるじゃないか!!!」と言われるかもしれませんが、「いや、全然あってないですよ」と返答するしかないんですよ。。。

それくらい、上級者の見る目というのは肥えちゃってます。。。

非常に細かいところまで見れちゃうのです。

ペン字や書道の上達に悩んでいる初心者~中級者の方は、この「大体あってる」という自分への甘えを乗り越えることが、上級者へステップアップするための最初の関門だと思います。

すぐに上達する人は、上級者と同じレベルで、自分に厳しい人

やはり人によって、すぐに上達する人・ゆるやかに上達する人に分かれます。

その違いは何か?

それは、初心者にも関わらず、上級者と同じレベルで「自分に厳しい人」かどうかです。

話は変わりますが、「アマチュアの漫画家が成功するには、プロ漫画家と同じレベルで努力できる人だ」って言いますよね。

これ、本当によくわかります。

初心者・新人にも関わらず、もはやプロと同じレベルで、努力できたり自分に厳しかったりする人が、信じられない早さで上達していきます。

「大体あってる」の関門を乗り越えないとどうなるか?

これは、前に進んでいない。

ハムスターの回し車のように、同じところをグルグルグルグルと、ずーっと回り続けます。

つまりその練習は、無駄な時間で終わるということです。

それ以上の上達を望むのであれば、自分への甘えを無くさなければなりません。

「最初よりかは上手になっているけど、なかなかこれ以上上手にならないなぁ」

と悩んでいる方がいるとしたら、自分への甘えがないかどうか、確認してみてください。

100%そこに”甘え”があると思います。

そうは言うものの、なかなか難しい

「自分への甘えを無くせ!」とは言うものの、簡単に無くせたら人間苦労しないのですよ。

「毎日早起きして、勉強しよう!」と、決めることはできても、行動は起こせないのが人間なのです。

ということで、私たちみたいに上級者(先生)が存在していて、

「こういうところを特に気を付けた方がいいですよ」
「こういう考え方で書いてみるといいですよ」

という、考えもつかなかった新しい視点を授かり、独学よりかは楽してステップアップできるというわけです。

ゆっくりステップアップ、早くステップアップ、どっちが良い?

身の丈にあわないスピードは、自分を苦しめるだけ

これは、それに対する自分の”熱”に応じて、選択されると良いでしょう。

「私は・俺は早く上達したいんだ!!!」

という燃えたぎるほどの熱があるのでしたら、先生から習うことを強くオススメします。

「疲れちゃうから、ゆっくりマイペースで良い」

という方は、独学で良いですし、先生から習っても良いでしょう。

コメント