おかげさまで教室を開室して3周年となりました。

2022年4月をもって、教室を開室して丁度3年となりました。
もう3年!?っていう気持ちです。

振り返り

2019年4月当時、生徒さん0人からスタートしました。

2020年4月2日当時、生徒さん13人となりました。

2021年4月2日当時、生徒さん60人となりました。

そして2022年4月2日現在、生徒さん102名となりました。

ついに生徒さんとのご縁が100名を超えました。
本当にありがとうございます。

2021年4月時点の私

2021年4月時点の私は、こんなことを言っていました。

どうなったかというと、

・教室をお引越しして、新しくて広い教室になった
・タブレットを導入して、いろいろと無駄な負担が減った
・オンラインの生徒さんが増えた

という感じになりました。

教室をお引越しして、新しくて広い教室になった

私の教室は、2021年9月にお引越しして、今の新しい教室になりました。

引越し理由は、生徒さんの人数に対して教室の面積が狭いからです。

前の教室は、生徒さんが4人も同時に入ると息苦しさを感じ始めてましたが、今では8人同時に入ってもまだ余裕すら感じられるような広さです。

2階も教室として使えますので、まだまだ余裕はあります。

教室の玄関も広いので、混み合って生徒さん同士が気を遣うようなことも減りました。

このお引越しという選択は、私が抱えていた課題を全て解決してくれるような選択で、とても良かったです。

タブレットを導入して、いろいろと無駄な負担が減った

厳密にはタブレットではないのですが、タブレットぽいものを導入した結果、本当に無駄な負担が減りました。

主に児童コースでは、硬筆の解説動画硬筆のお手本の電子化毛筆のお手本の電子化をしました。

タブレット導入前は、言葉にならないような、ほんのちょっとした無駄がたくさんあったのですが、それらが全て消え去ってくれた感じです。

オンラインレッスンの生徒さんが増えた

対面の生徒さんだけでなく、オンラインレッスンでの生徒さんも増えました。

オンラインレッスンをやり始めた当初は、本当にこんなのでレッスンをできるんだろうか、という半信半疑な状態でしたが、今では当たり前のようにオンラインレスーンをやっています。

オンラインレッスンを受講している生徒さんの中で、硬筆1級、毛筆1級の合格者もでましたので、遠方にお住まいの方はぜひご検討ください。

お金に対する価値観の変化

私の教室は、たくさんの生徒さんに支えられているからこそ成立しています。

毎月生徒さんからお月謝をいただいていますが、自分が贅沢するためではなく、より良い教室運営をして、生徒さんに対してできる限り還元をしています(しなければなりません)。

例えば教室で使用している半紙とか、墨汁とかの消耗品は、生徒さんからいただいたお月謝で購入しているので、実質生徒さんのものなのです。

他にも、以前M1 Macbookや書画カメラを購入しましたが、オンラインレッスンを実現するために購入しましたし、お高いインクジェットプリンタを購入したのも、生徒さんを待たせないように時短のためにADF機能や高速プリント能力が必要だったので購入したのです。

という感じで、できる限り生徒さんのためにお金を使って、余ったお金は無駄遣いせずに貯金をしています。

貯金をしておけば、将来教室を大きく動かすときに必要な資金に充てることができますからね。
(ちなみに教室の引越しで100万円くらい使いました😭)

2023年の4月は一体どうなっているんでしょうか。全く予想ができないです。
楽しみです。

2周年という節目でちょうど60人を迎えられたのは、なんだか縁起が良い気がします。