2021年9月1日より新教室へ移転となります。
詳しくはこちらの記事をご覧ください。
また、児童コースの募集を再開しております。
随時体験レッスン実施しておりますので、よろしければご検討ください。

【硬筆書写技能検定】自由作品は、奇をてらうと不合格【オススメの構成は絶対コレ】

硬筆書写技能検定準1級以上から、第5問は自由作品が出題されます。

・現代詩
・漢詩
・かな

この3つから自分が最も得意とするものを選択し、解答します。

広い余白の中に、鉛筆で枠を書き、書き上げた枠の中に作品を書きます。

初心者ほどなぜか「かな」を選びがち

私もそうだったんですが、なぜか初心者ほど「かな」を選択しちゃうんですよね。

結論から言うと「かな」が一番難しい(合格率が低い)ので、初心者は避けたほうが良いです。

変体がな、ひらがな両方を適度に駆使して、散らし書き形式で仕上げます。

線の抑揚、やわらかさ、のびやかさ、横幅の変化など、とにかく考えなければらないことや、運ペンの技術を求められます。

私の言っていることがわからないようであれば、絶対に避けた方がいいです。

おすすめは「現代詩」

初心者には無難に「現代詩」をオススメします。

現代詩、漢詩、かなの中で、一番合格率が高いからです。

第3問の漢字かな交じり文を、構成を気を付けてただ書けばいいだけなので、難しい技術は求められません。

私も1級合格したときは、現代詩を選択しました。

「現代詩」はどういう構成が良いの?

結論から言うと無難な構成にしましょう。

奇をてらうような構成は辞めておいたほうが良いです。

そういった奇をてらった作品は、「競書誌」の世界の中だけだったり、試験外のところで表現すると良いと思います。

無難な構成の例
(例えば4行の場合)

奇をてらった構成の例

Image 6

無難な構成の強みは、「減点されない」ということ

なんといっても「減点されない」のです。これが強み。

もちろん、ちゃんと狙い通りに作品を仕上げられた場合だけですよ!

変な構成ではないので、審査員の方が採点するとき減点ができないんですよね。

しかし、無難な構成は本当に無難な作品ですので、加点はあまり期待できないです。

でも、多くの不合格者は「減点されて不合格」となっていますので、加点を求めるのではなく減点されないことを求めたほうが、合格に近づきます。

奇をてらってはダメなのか?

奇をてらった作品は、審査員の好みによって減点されたり、されなかったりすると私は推測しています。

奇をてらった作品を、

・審査員Aに見せた時は「良いね」と言われることもあれば、

・審査員Bに見せた時は「構成を変えた方が良い」と言われたりします。

かなり運ゲーなんですよね奇をてらっちゃうと。

ですので、とりあえず試験用の無難な構成で挑まれた方が、余計な不合格を積み重ねないんじゃないかなぁと思っています。