2021年9月1日より新教室へ移転となります。
詳しくはこちらの記事をご覧ください。
また、児童コースの募集を再開しております。
随時体験レッスン実施しておりますので、よろしければご検討ください。

【硬筆書写技能検定】【完全独学者向け】超簡単!飛躍的に上達する、たった一つの”意識”

全て

ボールペンで文字を書く時に、

・縦線は太く
・横線は細く

このルールを必ず徹底するようにしましょう!!

どこが太い?
どこが細い?

最初は意識的にこれに取り組み、ゴールは無意識のうちにできるレベルを目指しましょう。

線に太い細いを作ることで、文字に立体感が生まれて”上手に見せる”ことができます。

ボールペンって同じ太さでしか書けないんじゃないの?

これは間違った認識で、ボールペンの太さというのは、ペン先を紙に滑らすときの

・筆圧によって
・速さによって

太い、細いが決まってきます。

例えば筆圧を強く、ゆっくり書けば、線が太くなります。

しかし、筆圧が強かったとしてもペン先を速く滑らせば、線は細くなったりします。
(長めの線を書けばですが)

筆圧を弱めに、ゆっくり書けば、細い寄りの普通の線、
筆圧を弱めに、速く書けば、細い線が書けるわけです。

これをまとめると、次のような関係になります。

まずは現状の自分のレベルを知る

初心者の方は書く文字というのは、立体感が無い のっぺりした文字です。

まず第一印象として、のっぺりしてるかしていないかで、初心者かそうでないかが一発でわかります。

硬筆書写検定の上位の級を合格するためには、美しい字を書く必要があるため、文字に立体感を持たせる必要があるということです。

文字の立体感というのは、線の太い細いで発生し、これを専門的に呼ぶと線(点画)の強弱、線(点画)の抑揚と呼んだりします。
(ひらがなを構成しているのは線、漢字を構成しているのは点画です)

運ペンの遅い・速いの具体的なイメージ

運ペンの遅い・速いは、各個人の感覚に依存するものなので、こういうものだ!と定義することは難しいのですが、私のイメージとしてはこんな感じで書いています。

その動作に擬音をつけたり、乗り物で例えたりすると良いかもしれません。

動作に自分なりの名称をつけることで再現性が高まる(=いつやっても同じ結果が得られる)気がします。

上級者の横線を拡大して見てみよう

ここからは参考情報としてみてください。

上級者の横線は更に極まっており、一つの線の中で、太い・細い・太いという3つのリズムが存在しています。

これを実現するための運ペンのイメージとしては、飛行機の離着陸をイメージすると良いかもしれません。

ゆるやかに離陸し、滑空し、ゆるやかに着陸。

超絶難しいので、これは1級合格したあとに練習すると良いでしょう。

コメント