2021年9月1日より新教室へ移転となります。
詳しくはこちらの記事をご覧ください。
また、児童コースの募集を再開しております。
随時体験レッスン実施しておりますので、よろしければご検討ください。

【硬筆・毛筆書写技能検定1級】審査員の目を誤魔化すのは至難の業

Image 12 全て
Image 12

硬筆・毛筆書写技能検定の1級のお話です。

1ヶ月くらいの練習で合格できるなら合格したいですよね。

ただ、今のところそれぐらいで合格できる方法が見つからないのです。

それぐらい審査員の目を誤魔化すのは難しいんですよね。。。

1級合格で一番大切なことは、とにかく減点をされないことが重要です。

ですので、どういった項目で減点をされてしまうのか、これを知れば合格率が高まります。

・誤字脱字
・字粒が大きすぎる、小さすぎる
・余白の取り方がおかしい
・楷書の習慣の形や、活字と手書き文字の違いをわかっていない
・カッチカチの行書
・楷書と行書の区別がついていない
・明らかにぎこちない草書
・問題文の指示を守らない

など。

よくある勘違いが、

「良く書けたところもあるから、それが評価されて合格しませんか?」

です。

残念ながら減点ポイントがたくさんあると、減点されまくって不合格になってしまうのです。

理由は、1級の合格基準点が1問あたり大体89点〜90点だからです。

おそらく最高得点は92点あたりで頭打ちで、そこから減点していくので、そうなると1ミスが命取りになります。

なので、得点戦略としては、

”良いところは無いが悪いところも無い、無難な作品”

私はこれが一番合格しやすい作品だと思っています。