2021年9月1日より新教室へ移転となります。
詳しくはこちらの記事をご覧ください。
また、児童コースの募集を再開しております。
随時体験レッスン実施しておりますので、よろしければご検討ください。

【硬筆・毛筆書写技能検定】1級合格する人は、「そうしなければならない思考」になる

硬筆/毛筆書写技能検定は、2級と準1級には大きな溝があり、さらに準1級と1級にはもっと大きな溝があるんですよね。

難易度的な意味です。

そうすると、2級と1級を比べちゃった日には、マリアナ海溝ぐらい深い溝があるのです。

具体的には、

・手書き文字として正しい形が厳格にみられる
・字形のキレイな組み立て方が厳格にみられる
・空間のとりかたについて厳格にみられる

大体この3つです。

2級までは多少できなくても、「まぁいいでしょう」と合格基準はユルユルなのですが、
(1級に比べれば、ユルユルという意味ですよ)

1級は多少できなかったら、「はいダメ」といってすぐ不合格になります。

この”多少できなかったら”がスゴイ難しいんですよね。

”ちゃんとできる”ためにはどうしたらいいのでしょうか。

 

1級合格する人は”そうしなければならない”思考になる

1級に合格する人の特徴は、”そうしなければならない”という思考になった人です。

・手書き文字として正しい形に書かなければならない
・字形のキレイな組み立てをしなければならない
・空間のことをしっかり考えなければならない

といったように、妥協しなくなる思考です。

「ちょっとくらいいいよね」という甘えた考えをしなくなります。

こういった高い意識は、しっかり作品に反映されます。

作品を見れば一発で「意識しているかしていないか」がわかっちゃいます。

良い作品に仕上げるための要素をしっかり把握できていて、しっかりそれを守ることができる、そんな人が最難関の1級に合格することができます。