生徒募集しています
なんと完全手ぶらで通えてしまう超お気軽な教室です。
日本一”敷居が低い””初心者に優しい”を目指しています。

親子でも通えますので、子どものクセ字改善、大人のクセ字改善も。
もちろん趣味として、生涯学習として。
書の面白い世界をご案内します。

硬筆・毛筆書写技能検定の合格を目指している方もサポート。

まずは無料体験授業からお越しください。
無理に入会を勧めることはありません。

>> 24時間受付中!!お問い合わせ <<

【硬筆・毛筆書写技能検定】【草書を攻略する】草書が小さくなってしまう人向け:右側を囲おう

全て

草書は素早く書くために、点画が極限まで省略・短縮されています。

しかし、省略・短縮=字形自体が小さくなる ということでは必ずしもありません。

そして、草書というのは普段から書き慣れていない書体で、ほぼ外国語のような感覚なので、草書初心者にありがちなのが”字形が小さくなる傾向にある”ということです。

硬筆・毛筆書写技能検定の準1級、1級では、草書を書けという問題が出題されますが、草書でチェックを受けてしまう人というのは、”草書がとにかく小さい”という要因が一つ挙げられます。

事例1:「露」の草書を、同じぐらいの大きさで書いたつもりなのに・・・・

例えば、「露」という草書を書くとき、左右の幅が極端に小さくなっていませんか。

「露」に限らず、左右の幅がここまで極端に変化してしまうというのは、「草書のことをわかっていないな」という判断になってしまいます。

事例2:「雨」の草書を書くとき、窮屈な草書になってしまう・・・

楷書の「雨」はしっかり書けているのに、草書の雨は絶望的に窮屈でこじんまりしていませんか。

草書は「ゆったり」とした雰囲気も大事ですので、こんなに窮屈に書いてしまうと、「草書をのことをわかっていないな」という判断になってしまいます。

対策:草書の特徴を知ろう

草書の形が作られるとき、ルールの一つとして、その字形の右側の点画が生き残ります。左側は省略されることが多いです。

例えば、「野」

里へんの、最初の1画目の縦画が省略されるようになります。

ちなみに「野」は、隷書をベースに出来上がっています。(これを章草といいます)

曹全碑「野」

ということを踏まえて、事例に挙げた「露」「雨」を見てみましょう。

楷書の形(黒線)のうえに、草書の形(赤線)を被せてみました。

左側の点画が省略されて、右側を囲うように書いているのがわかりますよね。

もう少しわかりやすい例を・・・

「用」

「両」

これらも、左側が省略されて、右側を囲うように草書の形が出来上がっています。

この右側を囲うように出来上がっている草書の形が、結果的に「ゆったり」「おおらか」という表情を作り上げています。

まとめ

草書の初心者でも、「草書ってそういうことなんだ!」と思っていただけるよう、 私はなるべく草書の本質に迫ってレッスンを行っています。(知らないこともまだまだたくさんありますが)

草書は難しいですが、一つ一つ草書の本質を理解していけば、様々な草書に応用が利きますので、実は草書習得にそこまで時間はかかりません。

逆に草書の本質を理解していなければ、草書の攻略はかなり難しいです。

検定試験でいつも草書にチェックが入ってしまう方は、ぜひ参考にしてください。

硬筆・毛筆書写検定受験のためのQ&Aサイト作りました

受験勉強をしていて、疑問点などを気軽に質問できるサイトがあったらいいなぁという私の経験談から、Q&Aサイトを作っちゃいました。

よかったらご利用ください。硬筆・毛筆両方1級合格した私がアドバイスします。
(無料です)

コメント