生徒募集しております
お問い合わせページからご連絡ください。

【硬筆・毛筆書写技能検定】【草書を攻略する】左下へのハネみたいなものは何なのか?

全て

草書の学習をしているときに、不可解な点画に悩まされたことがあります。

それは、本来存在するはずのない点画が、なぜか草書になると存在するのです。

例えば、「水」の楷書は、こうですが、

草書の場合は、

大体こんな感じになります。

そもそも、「水」がなぜ草書になるとここまで変化してしまうのか、その時点で謎なんですが、それはおいておいて、まずはこの赤丸の点画に注目していただきたいんです。

この赤丸の点画は、「水」の楷書でいうこの部分なんですよ。

楷書のこの形は、草書になると字形が変化し、以下のような形になります。

以上から、「水」の草書は、以下の字形しか存在しないと思うのが自然なのです。

にもかかわらず、「水」の草書は、以下の形が大勢を占めています。

なんか形が違いますよね。

そう、なんか左下へのハネみたいなのが存在するんですよ。

今回の記事は、この謎の点画は一体何なのか?ということを考えたいのです。

結論:字形のバランスを整えるために存在する?

いきなり結論なんですが、恐らく左下へのハネみたいなのを強くつくることによって、字形のバランスが良くなるから、だと思います。

以下のように、丸いシルエットに近づくことで、なんだか安定感が増した気がしませんか?

「なるほど、じゃあ、なんでもかんでも左下へのハネを作れば安定するのか!!!」

と思われるかもしれませんが、そうではありません。

してはダメな草書のほうが多数を占めますので、詳しくは角川の書道辞典などを見てみてください。
結果的にキレイに見えたり、安定して見えたりしないとダメです。

ここで重要なのは、

A. 次の文字の1画目を目指す過程で、生じてしまったハネのような連綿線
B. 左下への点画を書こうと思って書いた実線

草書を見た時もしくは書く時、このAとBの区別がついているということがとても重要だと思います

こういったパターンの草書はまだまだある

楷書では存在しないのに、草書になると存在する「水」のようなパターンの草書が、他にもあります。

紹介した草書のほとんどが、王羲之や王献之、智永、孫過庭からピックアップしています。

左下にハネる形もあるし、ない形もあります。
書道辞典に同じぐらいそれらの量が掲載されていたら、どちらも正解だと私は思っています。

ここには掲載しなかったですが、他にも「無」「与」とか、探せばもっとあります。

「求」

「取」

「具」

「央」

「路」

「語」

「秋」

「天」

「頃」

「飲」

「心」

もともと楷書に存在しているパターン

実は、もともと楷書に存在しているパターンもあります。

例えば、

さんづくり

「形」 これは納得ですね。

ほかにも、

その漢字の最後の部首が、「ム」や「日」

ー以下、執筆中ー

まとめ

現代の人が書いた三体(楷書・行書・草書)辞典を参考にするのも良いですが、硬筆・毛筆書写技能検定の1級受験クラスの方は、少なくとも角川の書道辞典を1冊購入し、そこから伝統的な草書の形を参考にすると良いと思います。

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

【送料無料】 角川書道字典 / 伏見冲敬 【辞書・辞典】
価格:6380円(税込、送料無料) (2020/11/13時点)


草書は、隷書から崩れた草書と、楷書→行書→草書と速書きの過程で崩れていった草書の2種類がありますので、「楷書の形がこうだから、草書の形もこうなるはずだ!!」は、通用しないときもあるので注意してください。

コメント