2021年9月1日より新教室へ移転となります。
詳しくはこちらの記事をご覧ください。
また、児童コースの募集を再開しております。
随時体験レッスン実施しておりますので、よろしければご検討ください。

【硬筆・毛筆】1日10時間練習するために、まずは疲れない練習法を身につけた

全て

2019年11月の硬筆書写技能検定試験1級に合格した際、約半年間ほど1日10時間の練習をほぼ毎日行っていました。

1日10時間はとても疲れます。
練習する気があるのに疲れて練習できないのは、とてももったいないですよね。

ですので、私は最初に疲れない練習法を模索しました。

具体的な疲れとは、手の疲れです。

2018年冬頃は、2時間ほどボールペンで文字を書いてただけで、すぐに手の疲れを感じていました。

なので、書いては手を休め、書いては手を休め、の繰り返し。

練習の効率があまりにも悪すぎました。

「どうして手がすぐに疲れるのだろう」と自分なりに分析しまして、

本当に単純なことですが

・手の握りが強すぎ
・筆圧が強すぎ

この2点が原因だとわかりました。

特に”筆圧が強すぎ”に関しては、ボールペンのペン先が2、3日ほどで壊れてインクの出が悪くなるぐらい、筆圧が強すぎました。

そして、とにかくこの2点を改善。

そうすることで、1日10時間やっても全く疲れなくなりました。

 

次に毛筆です。

半紙4字書きで練習する際、とにかく首がすぐに疲れることが多かったです。

当時は、イスに座って4字書きするのではなく立ったまま4字書きしてました。

そうすると、首を下に向けることになるので、首が疲れるんですよね。

なので、これも単純にイスに座って書くようにしたら改善しました。

 

疲れない練習法が大事

練習の段階で疲れてしまうと、本当にモチベーションが下がります。

長時間の練習、長期間に渡っての練習、これらは疲れないようにすることが重要です。