生徒募集しています
なんと完全手ぶらで通えてしまう超お気軽な教室です。
日本一”敷居が低い””初心者に優しい”を目指しています。

親子でも通えますので、子どものクセ字改善、大人のクセ字改善も。
もちろん趣味として、生涯学習として。
書の面白い世界をご案内します。

硬筆・毛筆書写技能検定の合格を目指している方もサポート。

まずは無料体験授業からお越しください。
無理に入会を勧めることはありません。

>> 24時間受付中!!お問い合わせ <<

【硬筆・毛筆】紙に触れる前から、書き始めるという意識を持つ

全て

文字というのは、ペン先もしくは穂先が実際に紙に触れ、紙に擦り付けることによって文字が描かれていきます。

これはとても当たり前なことですよね。

今回はワンランク上のキレイに書くためのポイントとして、「空中から書き始める」ということを意識してみましょう。

空中から書き始めるとは?

実際には空中には書けないのですが、あたかも空中から書き始めているように、そういうふうに意識をするということです。

具体的には以下イメージで良いと思います。

私はこのイメージのほかに、

「ペン先が紙に磁石のようにひっつくような」
「ペン先が紙に吸い込まれるような」
「空中から書き始める瞬間、雑念が消え、自分が無になる、まわりが無音になる」

そんな感覚をもっています。

みなさんはどうでしょうか。

おそらく超上級者の方は、様々な独特の感覚を持っていると思います。
こういった独特の感覚、いろいろとトークしてみたら面白そうですよね。

コメント