2021年9月1日より新教室へ移転となります。
詳しくはこちらの記事をご覧ください。
また、児童コースの募集を再開しております。
随時体験レッスン実施しておりますので、よろしければご検討ください。

【硬筆・毛筆】理解はできるのに、実践となると難しい

キレイな字の面白いところは、キレイな字を書くポイントは頭で理解できても、なぜか書けないということです。

理解はするのはとても簡単なんです。

実践となると、非常に難しい。

なんでだろうと考えたんですが、多分、その知識を引き出し慣れていないからなのかな・・・?と思いました。

 

引き出し慣れとは

頭の中に入っているはずのその知識を、スムーズに・100%に近い精度で引き出すことができれば、引き出し慣れの状態になっているといえると思います。

キレイな字を書ける人は、引き出し慣れの状態になっています。

キレイな字を書きたい人は、この引き出し慣れの状態を目指しましょう。

 

引き出し慣れするためには

引き出し慣れの境地に至るまでの方法は、少なくとも反復練習をするしかないでしょう。

何も考えずに反復練習するのではなく、何を引き出したいのかを意識して反復練習ですね。

人間というのはとても優れた生き物で、意識して反復練習していれば、気づいたらできるようになっています。

自転車を乗りこなせない人はほとんどいないように、キレイな字を書けない人はいないはずなんです。

「いや、練習しても全然上達しないんだけど」

という人は、ちゃんと意識して練習できているかセルフチェックしてみましょう。