【硬筆・毛筆】作品を審査する際のポイント

私の場合の、作品を審査する際の優先順位です
若い順番からチェックしていき、どれをどれだけ達成できているか、によって、その人のレベル(級・段)を決めています。

1. 漢字を正確・確実に書いているか(=活字体ではなく、手書きの文字。行書・草書であれば適切な・伝統的な崩し方か。)

2.字形のシルエットは適切か

3.枠(紙)に対して適切な配置か

4.字粒がすべて揃っているか(そのように見えるか)

5. 間架結構法に問題はないか(均整の美、不均整の美は満たせているか等)

6.硬筆らしい運ペン、毛筆らしい運筆(うんぴつ)が出来ているか
  (抑揚、気脈、肉の付け方等)

コメント