2021年9月1日より新教室へ移転となります。
詳しくはこちらの記事をご覧ください。
また、児童コースの募集を再開しております。
随時体験レッスン実施しておりますので、よろしければご検討ください。

【硬筆・毛筆】「自分で気づいた」瞬間が、レベルアップをした瞬間である

これまで私は、硬筆・毛筆ともにさんざん練習してきましたが、「自分で気づいた」瞬間が、レベルアップをした瞬間だと思いました。

練習法は様々あります。

お手本を真似る、先生から指導を受ける、関連書籍を読む・・・。

これらの行為は、「自分で気づく」=レベルアップをするための、ただの経験値稼ぎでしかないのです

逆に言えば、練習をし続けたところで「自分で気づく」という瞬間がなければ、いつまでたってもレベルアップできません。

また、この「気づく」瞬間というのはとても厄介なもので、能動的に「気づきたい」という思いがなければ、気づけません。

ただ漠然と何も考えずに臨書をしたり、完全受け身で指導を受けているだけでは、気づけないのです。

言い換えるなら、最重要の目標は「どれだけ書いたか?」ではなく、「どれだけ気づいたか?」

気づいた数が多ければ多いほど、上達のスピードも速いです。

書くことというのは、気づきを得るための手段でしかありません。

上達をしたいという思いがあるのであれば、書くことが目標にならないように気を付けてください。

コメント