生徒募集しています
なんと完全手ぶらで通えてしまう超お気軽な教室です。
日本一”敷居が低い””初心者に優しい”を目指しています。

親子でも通えますので、子どものクセ字改善、大人のクセ字改善も。
もちろん趣味として、生涯学習として。
書の面白い世界をご案内します。

硬筆・毛筆書写技能検定の合格を目指している方もサポート。

まずは無料体験授業からお越しください。
無理に入会を勧めることはありません。

>> 24時間受付中!!お問い合わせ <<

【硬筆・毛筆】「自分で気づいた」瞬間が、レベルアップをした瞬間である

これまで私は、硬筆・毛筆ともにさんざん練習してきましたが、「自分で気づいた」瞬間が、レベルアップをした瞬間だと思いました。

練習法は様々あります。

お手本を真似る、先生から指導を受ける、関連書籍を読む・・・。

これらの行為は、「自分で気づく」=レベルアップをするための、ただの経験値稼ぎでしかないのです

逆に言えば、練習をし続けたところで「自分で気づく」という瞬間がなければ、いつまでたってもレベルアップできません。

また、この「気づく」瞬間というのはとても厄介なもので、能動的に「気づきたい」という思いがなければ、気づけません。

ただ漠然と何も考えずに臨書をしたり、完全受け身で指導を受けているだけでは、気づけないのです。

言い換えるなら、最重要の目標は「どれだけ書いたか?」ではなく、「どれだけ気づいたか?」

気づいた数が多ければ多いほど、上達のスピードも速いです。

書くことというのは、気づきを得るための手段でしかありません。

上達をしたいという思いがあるのであれば、書くことが目標にならないように気を付けてください。

コメント