2021年9月1日より新教室へ移転となります。
詳しくはこちらの記事をご覧ください。
また、児童コースの募集を再開しております。
随時体験レッスン実施しておりますので、よろしければご検討ください。

【硬筆の上達】まずは、ボールペンの持ち方から

Image 13 全て
Image 13

硬筆(鉛筆、ボールペン)の上達を志すのであれば、まずは硬筆の持ち方から変えてみると、効率よく上達することができます。

「持ち方なんて、握ってさえいればなんでもいいんじゃないの?」

と思われがちですが、そんなことはなく、一定水準以上の上達を目指すのであれば必須の項目です。

持ち方の難易度は高くなく、どちらかというと簡単なほうなので、手っ取り早く上達したい人はむしろ早くに達成すべき項目です。

手の力を無駄なく硬筆に伝える

上手な字というのは、ミリ単位の微調整をすることでやっと上手な字となります。

上手でない字というのは、そういったミリ単位の微調整がまだ上手にいっておらず、大ざっぱな調整しかできません。

このミリ単位のコントロールをできるようにするためには、手の力を無駄なく硬筆に伝えるための持ち方というものをする必要があります。

 

【簡単】人差し指、親指、中指の3本が、ペンに接すればOK

難しい持ち方ではありません。

・人差し指、親指、中指でペンの軸をつまんだときに、三角形が描けていればOK

Image 12

・横から見た時に、左から中指、人差し指、親指という順番になっていればOK

Image 13

・薬指と小指は、特に意識しなくてOKです。
(自然な場所で)