2021年9月1日より新教室へ移転となります。
詳しくはこちらの記事をご覧ください。
また、児童コースの募集を再開しております。
随時体験レッスン実施しておりますので、よろしければご検討ください。

【真草千字文】草書の特徴 横画の右上がり

全て

草書の特徴の一つとして、横画が強い右上がりになる、という特徴があります。

この特徴を、真草千字文で確認してみましょう。

例えば草書体の”覆”“あめかんむり“ですが、ものすごい右上がりになっていますよね。(赤丸の部分)

これが草書の特徴です。

しかし、右上がりが強くなると、字が不安定なバランスになってくるのが普通です。

それでも安定しているように見えるのは、最終画の右下がりが効いているためです(黄色の丸の部分)

草書は、横画が強い右上がりになるのが特徴ですが、全ての横画が右上がりになるのではなく、

最終画を以って今度は右下方向に引っ張って安定をはかるというのが草書の特徴です。

なぜ右上がりが強くなるのか、理由は、躍動感(静止画なのに動いているような雰囲気)を表現するためです。

右上がりが強くなることで躍動感が増していき、右上がりが弱くなってくると、止まっているように見えます。

このように、

・どの横画が強い右上がりになっていて
・どの点画が右下方向に引っ張っているのか、

これを注意しながら臨書すると、臨書による練習効果が倍増します。