2021年9月1日より新教室へ移転となります。
詳しくはこちらの記事をご覧ください。
また、児童コースの募集を再開しております。
随時体験レッスン実施しておりますので、よろしければご検討ください。

【毛筆書写技能検定】草書がどうしても貧弱になってしまう人は、智永の「真草千字文」を臨書しよう

毛筆書写技能検定準1級・1級の第1問は、楷書・行書・草書を書き分ける問題です。

楷書・行書はなんとなく書ける人でも、やはり草書を書くのはとても難しいです。

そもそも草書の骨自体を覚えるのが大変なのに、そこに筆遣いや太・細も考えなければなりません。

草書の難しさは、なんといっても

”書いているときに、一度にいろんなことを考えなければならない”

ということに難しさがあると思います。

もちろん、楷書や行書もそういう難しさがあります。

でも、草書って点画を構成していくときに、”休める場所”が少なく、点画が連続することが多いんですよね。

頭の中で”次はこういう点画を書こう”と準備する時間がとても少ないから、難しく感じます。

草書を貧弱にみせないために

草書を書き慣れていない人が草書を書くと、

”ヒョッロヒョロの点画”
”ずーっと同じ太さの点画”

になりがちです。

ちなみに私は、ヒョロヒョロの点画になるパターンでした。

ですので、ひたすら智永の「真草千字文」を臨書してました。

智永の「真草千字文」の特徴は、楷書と草書が肉厚な書風で書かれています。

つまり、太い。

内包する空間を「これでもか!!」とせまくしています。

かといって全て太くなっているわけではなく、太くしてはいけないところは太くしていないのです。

この太・細の感覚を身につけるために、智永の「真草千字文」をおすすめしています。

智永の「真草千字文」は、お手本にされることを意識して書かれているので、草書の特徴の一つである”変化”は抑え気味に書かれています。

とても落ち着いた草書です。

そういう意味では、毛筆書写技能検定の第1問向けの草書だと思います。