【毛筆・硬筆】超初心者向け、お手本を見る時のポイント

全て

超初心者向け、まずはこういうところに注目して、お手本を見てみましょう。これらを意識しながらお手本を見て、真似ると上達が早いです。

・点画(普段1画目、2画目、と呼んでいる点や横画、縦画等のこと)は、どこが長いか?短いか?

・目や日、田など、内部に空間ができる文字の場合、どこが等間隔になっているか?(空間の広さを同じ広さにする)

・どの点画同士が、等間隔に揃っているか?
(例えば「状」の”へん”は、1画目の縦画の書き出しの箇所と、書き終わりの箇所と、2画目・3画目の書き出しの箇所の距離を比べた場合、等間隔になります)

練習中、割とすぐに意識しなくなるので、意識しなくなったらすぐに意識するよう心がけましょう。

コメント