2021年9月1日より新教室へ移転となります。
詳しくはこちらの記事をご覧ください。
また、児童コースの募集を再開しております。
随時体験レッスン実施しておりますので、よろしければご検討ください。

【毛筆】運筆中の穂先はどんな形になっているか?頭の中でイメージする

筆は硬筆とは違い、様々な線質を表現することができます。

例えば硬筆で書いた場合、同じような太さしか表現できませんが、筆で書いた場合は細い線・太い線を容易に表現することができます。

しかし、その多種多様な表現ができるおかげで、やはり初心者の方が毛筆技術を習得するのは硬筆に比べて難しいと思います。

上達を早める一つの要素としては、「運筆中(筆で書いているとき)の穂先の動きが頭の中でイメージできるようにする」です。

特に、ハネ、ハライ、転折(「口」の右上の部分)、曲がり(「心」の2画目)など、初心者を苦しめる技術のところ。

これらの部分は、その動きを頭の中で正確にイメージができると、うまくいきます。

ですので、実際に手を動かしているときが練習ではなく、頭の中でイメージすることも大切な練習の一つとなります。

コメント