生徒募集しています
なんと完全手ぶらで通えてしまう超お気軽な教室です。
日本一”敷居が低い””初心者に優しい”を目指しています。

親子でも通えますので、子どものクセ字改善、大人のクセ字改善も。
もちろん趣味として、生涯学習として。
書の面白い世界をご案内します。

硬筆・毛筆書写技能検定の合格を目指している方もサポート。

まずは無料体験授業からお越しください。
無理に入会を勧めることはありません。

>> 24時間受付中!!お問い合わせ <<

【毛筆】紙がにじんでしまう理由とは? 墨汁編

筆に墨汁をたっぷりつけると、紙がにじんでしまうことはありませんか。
これには理由があります。

今回は、「紙をにじませないためにはどうしたらいい?」という人向けに書いていきます。
紙をにじませないためのアプローチとして、2通り挙げられます。

・紙を替える
・墨汁を替える

です。
紙編、墨汁編と記事を分けていますので、ぜひ2つとも読んでみてください。

今回は墨汁編です。

墨汁の原料は、大きく分けて「樹脂系」と「膠系」の2つに分かれます。

この「樹脂系」と「膠系」については、紙のにじみにそれほど大きな影響を与えませんので、今回は墨汁の「濃度」に着目していきたいと思います。

 

墨汁には「濃度」という概念がある

墨汁には、サラサラしている薄い墨汁と、ネットリと濃い墨汁があるのをご存知でしたでしょうか。

100円均一で販売されているような墨汁は、安価にするべくかなり薄めてますので、非常にサラサラしています。

少し価格帯を上げていくと、濃い墨汁を購入できます。

 

薄い墨汁は「にじむ」、濃い墨汁は「にじまない」と思っておけばよい

薄い墨汁は、紙の繊維を伝っていきやすいので、それがにじみの要因となります。

反対に濃い墨汁は、紙の繊維を伝いづらい(その場にとどまる)ので、にじみにくいです。

 

墨汁を購入するときの、薄い・濃いの見分け方は?

一番濃い墨汁は、超濃墨と呼ばれていたりします。
薄いものは墨液、普通濃度と呼ばれていたりします。

一般的には以下4段階に分かれます。

濃い                    薄い
超濃墨   濃墨     中濃墨      墨液

 

それでは、にじませないためには超濃墨を選んでおけば正解?

そういうわけではないのです。

確かに超濃墨を選べば、にじみは完全におさえることができるのですが、今度は「筆が動かしづらい」というデメリットが発生します。

超濃墨は、とにかくネットリしているので、ビックリするくらい筆が重くなり、そして動かしづらく、すぐにカスれが生じます。

子ども用としては少し不適格です。

ですので、私のオススメは濃墨~中濃墨の間くらいの濃度です。

濃墨を購入して、水で少し薄めてあげたくらいがちょうどいいです。

  

紙がにじみにくいものであれば、普通濃度~中濃墨で丁度良い

紙に関しては紙編を参考にしてください。

にじみにくい紙であれば、墨汁の濃度は普通濃度~中濃墨で十分です。

これくらいの濃度であれば、先に挙げたデメリットは発生しづらく、快適に筆を動かすことができます。

 

結局、墨汁は何を選べば正解?

墨汁のブランドはどれでもよく、とにかく濃度に気を付けてください。

・紙が指定されてしまっていて、それがにじみやすい紙であれば、濃墨~中濃墨

・にじみにくい紙を選べるのであれば、普通濃度~中濃墨

 

先生は墨汁をどこで購入しているの?

いつも楽天で購入しており、特に下記2サイトで購入しています。

・魁盛堂(かいせいどう)
https://www.rakuten.co.jp/kaiseidou/

・東方交易(とうほうこうえき)
https://www.rakuten.co.jp/touhoukoueki/

 

 

ぜひ紙編と合わせて記事を読んでみてください。

コメント