2021年9月1日より新教室へ移転となります。
詳しくはこちらの記事をご覧ください。
また、児童コースの募集を再開しております。
随時体験レッスン実施しておりますので、よろしければご検討ください。

【毛筆】筆の”毛”の部分は、時間差でついてくる

大筆で書くときに特に意識をしたいのが、筆の”毛”の部分って、人間が思っている以上についてこないんですよ。

特に、”転折”だったり、ハネだったり払いだったりのところ。

そういった方向が変わるところの箇所は、本当に”毛”がついてこないです。

言い方を変えると、人間の意識だけがどんどん先に進んじゃって、肝心の”毛”を置き去りにしちゃっているというか、なんというか。

で、上級者の人っていうのは、この”毛”が遅れてついてくる感覚がわかっているので、故に上級者なんですよね。

私も、「あ、毛って遅れてついてくるんだ」っていう感覚がわかってから、筆遣いが劇的に良くなったと思います。