2021年9月1日より新教室へ移転となります。
詳しくはこちらの記事をご覧ください。
また、児童コースの募集を再開しております。
随時体験レッスン実施しておりますので、よろしければご検討ください。

【毛筆】書道・習字を初めて学習する人は、どんなところに気をつけたほうが良いか

書道・習字は、筆と呼ばれる動物の毛を束ねた筆記具で、紙に文字を書く行為です。

硬筆と違って筆は、やはり慣れていないととても書きづらい筆記具になります。

しかし硬筆とは違い、文字を構成する点画に太い・細いの変化をつけることができ、それが硬筆で書いたときと比べ、より美しくより上品に、格調を高めることができます。

さて、どのような練習をすれば、筆の扱いに慣れるのでしょうか。

一番は、硬筆のようにスラスラ書かないことが大切だと思います。

紙に対して筆を入筆させたら、すぐに線を書こうとせず、そのまま一時停止します。
1秒~1.5秒くらいです。

その後はスッと線を引き、最後の紙から筆が離れるときも、すぐに離れるのではなく一時停止します。
こちらも1秒~1.5秒。

硬筆と大きく違うのが、この一時停止という時間が存在するところです。
(厳密にいえば硬筆も一時停止があるのですが)

まさしくこのリズムが、毛筆の動きといえるでしょう。

コメント