2021年9月1日より新教室へ移転となります。
詳しくはこちらの記事をご覧ください。
また、児童コースの募集を再開しております。
随時体験レッスン実施しておりますので、よろしければご検討ください。

【毛筆】オススメの筆は、結局自分で探すしかない

「オススメの筆はこれです」

と、自信をもって人に勧めるのって結構難しいんです。

人によって感覚は違うので、自分にピッタリの筆だったとしても、人によってはビミョウな筆だったとか。

重要なのは、「筆選びの失敗を恐れてはいけない」ということです。

筆で使われる毛というのは、

・馬
・山羊
・イタチやコリンスキー
・たぬき
・猫

など様々で、それぞれ表現できる線質、太さが違います。

大きい筆で使われる毛は、大体が馬・山羊。

小筆で使われる毛は、大体がイタチやコリンスキー、たぬき、猫です。

私は普段の練習で使う場合は、

大きい筆を選ぶときは

・山羊主体で多少馬

小筆を選ぶときは

・猫(玉毛)主体

です。

小筆は、以前はコリンスキーの筆を使っていたのですが、最近になって猫(玉毛)の筆を良く愛用しています。

コリンスキーは穂先がよくまとまっていいのですが、なんかピンピンする感覚というか、弾力がちょっと強すぎる感覚がずっと課題でした。

そこで猫(玉毛)の小筆を使ってみたら、その課題が解決し、求めていた線質(粘りのある感じ)が表現できるようになりました。

私の技術不足・筆選びが下手くそなのかもしれませんが、コリンスキーと猫(玉毛)を比べたら、猫(玉毛)のほうがより筆っぽく書けるので、好きです。

コリンスキーはどうしても、ボールペンの延長線上にあるような線質というか、なんというか。。。

という感じで、人によっては猫よりもコリンスキーのほうが好き、という方もいるかもしれないので、本当に筆って感覚なんですよね。

 

とにかく買いまくる

いろんな筆を試すことも、書の道の一つだと思います。

筆探しって楽しいですよ。

「これだ!」って思える筆に出会えた瞬間がなかなか快感です。