【書写技能検定】2級以上は専門的な技術を身に着けるようにする 

全て

硬筆、毛筆ともに、2級以上からは合格難易度がやや上がってきます。

受験者に期待する能力が「専門的な技術」を求めるようになるからです。

この「専門的な技術」を無視して、我流で上手になろうとした場合、試験にて不合格となります。

たとえば、

・楷書の書き方を知っている
・行書の崩し方、省略の仕方を知っている

・横書きのルールを知っている
・縦書きのルールを知っている

・掲示物の書き方のルールを知っている

など。

まとめると書写のルールを知っているかどうかです。

書写技能検定は、
「いかにルールを知っていて、いかにルールから逸脱していないか」
という基準で、加点したり減点したりしていると思われます。

準1級以上からは特に、
「いかにルールから逸脱していないか」=「いかに基本が守れているか」
が重視されるように思います。

普段の練習の際、「自分はちゃんとルールを守れているか?」と自問自答しながら練習すると、練習効果が高くなりますよ。

コメント