2021年9月1日より新教室へ移転となります。
詳しくはこちらの記事をご覧ください。
また、児童コースの募集を再開しております。
随時体験レッスン実施しておりますので、よろしければご検討ください。

【上達のための必須技術】毛筆は、力(ちから)で書いちゃだめ

力(ちから)で筆をコントロールして、運筆しちゃうのが初心者にありがちな間違いです。

「力で筆を支配して、自分の思い通りに動かしてやろう」という意識でいると、毛筆で上手に書くことはできません。

運筆するときに大事なのは、筆の毛の弾力を感じることです。

毛の弾力、感じながら書けていますか。

紙に対して筆を垂直にいれたとして、毛が根本までヘニャっとなることはありませんよね。
(細光鋒とか柔らかい羊毛は別です)

さきっちょ3分の1あたりで、毛がふんばって抵抗していませんか。

これが弾力です。

この弾力を上手に利用しながら、運筆を行います。

普段、お手本を見ながら練習をするとき、この弾力を意識しながら練習してみてください。

「こう動かすと、筆がこう抵抗するな」

筆の弾性の理解が深まれば深まるほど、おもしろいぐらい上達していきますよ。