生徒募集しています
なんと完全手ぶらで通えてしまう超お気軽な教室です。
日本一”敷居が低い””初心者に優しい”を目指しています。

親子でも通えますので、子どものクセ字改善、大人のクセ字改善も。
もちろん趣味として、生涯学習として。
書の面白い世界をご案内します。

硬筆・毛筆書写技能検定の合格を目指している方もサポート。

まずは無料体験授業からお越しください。
無理に入会を勧めることはありません。

>> 24時間受付中!!お問い合わせ <<

「日本教育書道藝術院」という想定していなかったキーワードで、アクセスが多い理由を考察した

Googleのサーチコンソールという機能を使うことで、自分のホームページはどんな検索ワードで検索されたか?アクセスされたか?を把握することができます。

このホームページは、草加市にお住まいの方をターゲットにしたホームぺージであるので、「〇〇(地域名) 書道教室」というキーワード、もしくはそれに近いキーワードで検索されたときに、検索ランキング1位を取れればよいわけです。

すでに1位は取っているし、恐らくこのまましばらくは1位だろうな、という自信はありますので、最近サーチコンソールは見ていませんでした。

最近になってホームページの方向性を検討しています。
それは、ターゲットの拡大です。
草加市にお住まいの方 だけでなく、日本に住んでいる方をターゲットにできないかな、と。
しかし、それだと範囲があまりに広すぎるし、それをターゲットにしている大手団体がすでに複数存在するので、そういったフィールドで戦うのは私みたいな弱小は不利です。
ということで、教室がお休みとなって収益が無くなっていても、実は色々と楽しく考えています。

それは置いておいて、考えるための情報集めとしてサーチコンソールに触れる機会がありました。

自分のホームページはどんなキーワードで検索されてるんだろうなぁ~と・・・まぁ、「草加 書道教室」とか、そういったキーワードかなぁ~と思っていたら、意外や意外。
検索キーワードTOPが、「日本教育書道藝術院」でした。

「日本教育書道藝術院」といえば、私が2019年2月に卒業した書道教室ならぬ書道学院。

卒業したことをプロフィールに載せていることと、日本教育書道藝術院のことについて、記事でまとめたのは1回だけ(→「私が卒業した日本教育書道藝術院で学べること、学べないこと」)にも関わらず、検索順位を調べてみると、なんと8位。しかも少しずつ上がっていっている。

自分の教室は、「日本教育書道藝術院」の支部でもなんでもなく、ただ単にこちらの学院を卒業しただけであるので、今は何も関係ないです。

他にちゃんと 「日本教育書道藝術院」 の支部として運営されているホームページ を差し置いて、全く関係がない私のホームページが上位にくることは何だか申し訳ない気がします。けど検索上位に表示させているのはgoogleさんのアルゴリズムのせいなので、googleさんに文句いってください。

さて、話は変わりますが「日本教育書道藝術院」で検索する人というのは、思うに、
・書道教室に通おうと思っていて、候補の一つに 「日本教育書道藝術院」 があるが、もう少し詳しく調べてみたい方
・実際に 「日本教育書道藝術院」 に通っていて、 「日本教育書道藝術院」 のアナウンス(様々なセミナーの開催情報、展覧会情報)などを目当てに検索している方
の2パターンかと思います。

多分、前者のパターンが多いんではないでしょうか・・・。
「日本教育書道藝術院」 については、他のホームぺージを閲覧されたほうが、より核心に触れていることを書いてたりするので、あえてこのホームページで取り上げる必要がなく、このホームページでは実際に「学べる事、学べない事」だけしかまとめないようにしています。

今は簡単に比較ができる世の中です。
昔と全然違います。
消費者の嗅覚は鋭くなってきています。
「昔からやり続けている実績がある方法をするべきだ」というマインドは、もしかしたら時代遅れになってきているのかもしれません。

時代の変化というのは本当に面白いです。

コメント